医療法人財団南葛勤医協

芝診療所

禁煙イメージ

診療時間のご案内

禁煙外来への通院は全5回(8 週または12 週)となります。

当診療所では、初回診療のみ予約制となります。
初回の予約枠のみ電話予約も行っております。
受診を希望される方は、

芝診療所外来直通 (3432-6063)

までお問い合わせ下さい。


初回予約枠 月曜日14:00〜大島医師

 

2〜5回目

初回以降の通院は大島医師の外来枠へご受診いただきます。

禁煙治療の保険負担について 

禁煙治療を保険適用で受診された際の自己負担は、診療費・処方料・薬局での薬代を含めて
13,000 円~20,000 円(3 割負担)程度となります。
過去1 年以内に保険診療での禁煙治療を受けられている方や、12 週間の禁煙治療に失敗し継続
治療を受ける方、保険適用に条件が満たない方は、保険適応外となり全額自己負担となります。
全額自己負担での診療費は、42,000 円~64,000 円程度となります。

禁煙へのプロセス

禁煙治療では、診察・呼気一酸化炭素濃度測定・禁煙補助薬の処方・禁煙実行/継続に向けての
アドバイス等を行います。
当診療所では内服薬(飲み薬)・外用薬(貼り薬)の禁煙補助薬の処方が可能です。

内服薬(チャンピックス錠)・(ニコチネルTTS)服用の禁煙プログラム

ニコチン依存についてのスクリーニングテスト(TDS)

下の表は、ニコチン依存症かどうかを判定するテストです。
10項目の質問に「はい(1点)」または「いいえ(0点)」で答え、
どちらでもない場合は「いいえ(0点)」とします。
合計点が5点以上ならばニコチン依存症とされ、保険適応があります。

設 問 内 容 はい
1 点
1

自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか。1

2 禁煙や本数を減らそうと試みて、できなかったことがありましたか。1
1 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくて
たまらなくなることがありましたか。1
1 禁煙したり本数を減らしたときに、次のどれかがありましたか。
イライラ・神経質・落ちつかない・集中しにくい・ゆううつ・
頭痛・眠気・胃のむかつき・脈が遅い・手のふるえ・食欲または体重増加1
1 ④でうかがった症状を消すために、
またタバコを吸い始めることがありましたか。1
1 重い病気にかかったとき、タバコはよくないとわかっているのに
吸うことがありましたか。1
1 タバコのために自分に健康問題が起きているとわかっていても、
吸うことがありましたか。1
1 タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、
吸うことがありましたか。1
1 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか。1
1 タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが
何度かありましたか。1

合計 : 0

いいえ
0 点

 

(注)禁煙や本数を減らしたときに出現する離脱症状(いわゆる禁断症状)ではなく、喫煙することによって
   神経質になったり、不安や抑うつなどの症状が出現している状態。

ニコチン依存期間を判定する指標(ブリンクマン係数)

ブリンクマン係数が200以上の場合、保険適応があります。 一日に平均して吸うタバコの本数×喫煙年数

(注)途中で禁煙期間がある場合は、その部分を差し引いてください。

TOPへ