医療法人財団南葛勤医協

芝診療所

ごあいさつ


Dr藤井正實

趣味
子どもの頃から鉄道に乗るのが大好きで
今でも山形や新潟、福島から患者さんが
見えられた時に近くの駅が
どこかを伺うと大体の場所が分ります
未だ紀伊半島にお住いの方は見えていませんが
そこだけは空白地帯なので
早目に知識を蓄えに行きたいと
思っています

趣味・鉄道芝診療所は1948年に“はたらくものの芝診療所”として開設されました。1966年に芝病院となり、医療活動を続けてまいりましたが、昨今の医療情勢の変化により、2014年に有床診療所、2016年に無床診療所として再出発しました。芝病院時代の医療活動の三本柱(保健予防活動・労災職業病医療・地域医療)は何ら変わることはなく、今後も堅持していきたいと思います。特に当診の特色である保健予防活動については、健診部門と外来部門が連携を密にして都心区に働く皆さんの健康の維持増進を図って行きたいと思います。また、21世紀の日本でもアスベスト問題、印刷工の胆管癌問題など労災職業病疾患が潜在しています。専門医が極めて限られるなか、被災した方に寄り添って問題解決に当たります。
診療所になった利点を生かし、引き続き患者さん本位の医療を行ってまいりたいと思います。
皆様のご教示・ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

 

所長 藤井正實

P r o f i l e ……Fujii Masami
出身大学 産業医科大学…………1989年卒

1989年より芝病院勤務。

主たる専攻科 産業認定医 呼吸器科

学会 日本呼吸器学会

02
Idea 理念

理念と基本方針

 

地域住民、働く人々のかかりやすい診療所を目指し、
患者さんご家族と情報を共有して、「納得と合意」「安全・安心」の
保健・医療・福祉を実践します。

 

芝診療所は、職員一同基本理念を実践するために、
以下の活動方針にもとづいて医療活動を行います。

Basic policy 基本方針
1

診断や治療にあたっては患者さん及びご家族が  
納得いくまで丁寧に説明を行い、  
共同の営みとしての医療を提供します。

 

    ● 情報の開示につとめ、患者さんの自己決定を尊重します。  
    ● 他医療機関および施設との連携を強化します。  
    ● 常に医学の進歩に学び、各医療職の専門性を発揮します。


2

 

患者さんの人権を守り、差別のない医療を実践します。

 

 

    ● 社会的な地位や身なりなどで、差別することなく、  
      患者さんの基本的人権を保障し発展させます。  
    ● いつでも・どこでも誰もが安心してかかれる医療制度の実現のため、
      患者さんをはじめ地域住民、個人・団体の方々と一緒に医療制度・  
      社会保障制度改善の運動に取り組んでいきます。  


3

 

地域住民や働く人々および職員の健康保持増進につとめます。


 

    ● 予防を重視した成人病健診・事業所健診や保健予防活動を実践します。
    ● 仕事によっておこる疾病、労災職業病(じん肺・過労性疾患・中毒
      など)の臨床と予防学習活動を実践します。

 

4

民主的集団医療を実践するためにも診療所・職場運営は、
全職員参加の民主主義を貫きます。

 

    ● 民主的集団医療を実践するためにも診療所・職場運営は、
      全職員参加の民主主義を貫きます。専門職としての医療従事者の育成に
      努めていきます。
    ● 患者さんや地域の方々から謙虚に学びます。
    ● 対等平等を貫き、働き甲斐のある職場をつくります。

03

診療所概要

 

名   称 医療法人財団 南葛勤医協 芝診療所
住   所 〒105‐0004 東京都港区新橋 6‐19‐21
電話・FAX TEL 03-3432-8701(代表)、 FAX 03-3432-5310
開 設 者 医療法人財団南葛勤医協
理事長 吉澤 敬一
所   長 藤井 正實(ふじい まさみ)
開 設 年 2003年(平成15年)4月1日
診療科目

・内科
 ・一般内科
 ・呼吸器内科
 ・乳腺内科

・循環器科

施設基準等

 ニコチン依存症管理料
 在宅療養支援診療所
 在宅時医学総合管理料
 在宅がん医療総合診療料
 夜間・早朝等加算
 明細書発行体制加算

各種指定  健康保険指定医療機関 
 国民健康保険指定医療機関
 労災保険指定医療機関 
 生活保護指定医療機関
 身体障害者福祉法指定医療機関 
 感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律指定医療機関
 原爆被爆者援護法指定医療機関 
 精神保健福祉法指定医療機関
 公害健康被害補償法指定医療機関
04

診療所沿革

  • 1948日本労農救援会働くものの芝診療所として出発
  • 1955医療法人社団港勤労者医療協会(港勤医協)として法人化し、
    11床の診療所となる。
  • 196610月に41床の芝病院として、病院化。
  • 198180床の病院として建替える。
  • 20024月、平和と労働会館の移転のため、46床となる。
  • 20034月1日、港勤労者医療協会と南葛勤医協が法人合同。
  • 20077月、病棟リニューアル、22床となる
  • 201110月、在宅療養支援病院として訪問診療開始
    (強化型在宅療養支援病院)
  • 20144月、11床の有床診療所へ。
  • 20148月、無床診療所へ。

TOPへ